2008年1月22日、中国、中国におけるゲーミング事情

2008/01/22

2008年1月22日、中国、中国におけるゲーミング事情

北京–2007年1月に、中国インターネット·データー·センターと中国インターネット協会に主催され、300以上のウェブサイに投票されト、全国における270軒の企業と5万786人の被会見者をターゲットとした 「Netguide2008」 というアンケート調査をした結果、中国では、2007年のオンライン·ゲームの市場価値は128億元(17億ドル)に達し、前年と比べて、66.7%増となりました. 中国のオンライン·ゲーム·プレーヤーの人数について、2008年に5900万を上回って、昨年の4800万の20%増になるとと報告されました。

また、iResearchによって最近公表れた「2007-2008の中国のオンライン•ゲームの開発報告書」によると、オンライン·ゲームは20%以上の速度で成長し続け、市場価値は2011年に401億元を実現すると予想されています。iResearchは、巨大なオンライン·ゲーム·プレーヤー人数とゲーム運営機構の徹底的な開発はゲーム市場の一番の原動力だと信じているということです。.

Giant Interactive(上海に拠点を置き、マルチ·プレーヤーのオンライン·ロールプレイング·ゲームを提供する会社)は昨年に14パーセントの市場シェアで3番目の利得者となりました。

ナスダックに上場したShandaと人気ポートルであるNetease(Neteaseはオンライン•ゲームを業務範囲に入れました。)は、年収と加入者数においては、2007年のリードを獲得しました。

「KingsoftやPerfect Worldなどのような有名なゲーム開発者は上場し、2008年の傾向を示してくれました」と 傅志華さん(調査を行ったDCCI調査部の部門長)は言いました。

料金ベースのモデルの代わりに、無料オンライン·ゲーム·サービスは、これからおよそ80パーセントのシェアで市場の大半を占めれるでしょうと調査はこう示しました。