2005
06/01
中国のグループはインドと日本のスタジオを買収しようとしている。
最近のニュースでは、中国最大のゲーミング会社は隣国からスタジオを買い入れる意欲を示しているということです。 一般的なポイントはノウハウとコンテンツにあるでしょう。 12月17日に、トムオンラインは、インドに拠点を設置し、ワイヤレス•ゲーム開発者とグローバルなモバイル•エンターテインメント•ゲーム開発者であるインディアゲーム会社の大部分の株を取得したと発表しました。当該協定に基づいて、インドの最も大きなワイヤレス•ゲーム製作者であるトム•オンラインは1773万USドルでインディア•ゲームの80.6%の株を買い入れました。インディア•ゲームはワイヤレス•ゲームが外注開発でよくしられています。 近頃、上海に拠点を置いているセガの研究開発とソニック•チームについてのうわさがが流れています。 チャンホン(SH: 600839)とザルヤテクノロジー(SZ: 000688)では、セガとの交渉が行われています。ザルヤ•デジタル•エンターテインメントはセガのQ-スタイルオンライン•ゲーム「ファンタシースターオンライン」の中国における経営者です。しかし、2005年1月6日日付のシーナのニュースによると、シャンダもその現地チームについてセガと交渉しています。

Pages