Andrey Supryaga
アート部門副社長

グラフィックアートのエキスパートであり、ゲーム開発現場において多岐に渡る実務経験を有する。

3Dアーティストとして映像制作会社に入社。その後、2001年よりリードアーティストとしてAvalon Russiaに入社。「Sabotain」、「Break the Rules」などのゲーム開発に参加。2003年~2006年、グラフィックディレクターとしてロシア最大のゲーム開発会社Nivalに勤務。「Day Watch」や「Blitzkrieg2」等さまざまなPCゲーム制作に携わり、「Heroes of Might and Magic V」においてはコンセプト設定からアート制作までを担当。

現在Virtuosでは、研究開発、新人教育などを含めたアート制作部門全体の事業部長を務める。

ロシアのウラジオストクの極東連邦大学にて3D設計物理処理を専攻後、ロシア極東地域において最初の3Dアーティストとなる。

Profile Type: 
Andrey Supryaga, アート部門副社長